ナカムラクリニック|神戸市中央区(花隈 元町 三宮)|内科・心療内科・精神科
院長ブログ

未分類

慢性疾患

高血圧とか高コレステロール血症とか、いわゆる慢性疾患、あるいは、統合失調症とかアトピー性皮膚炎のような難治性疾患もそうだけど、こういう病気の治療にために病院に通うということは、いわば、その病院の先生と顧問契約を結ぶような …

APA

ホッファーはナイアシンの大量投与療法によって、6000人以上の統合失調症患者を社会復帰させた。著した論文の数は500以上。 2009年に91歳で亡くなる直前まで、臨床現場で診療にたずさわっていた。 十代で統合失調症を発症 …

医師頭は石頭

最近はThomas Levyという人の本にはまってる。全然知らない人だったんだけど、4月末に東京で行われたオーソモレキュラー学会に講演者として来てて、その講演聞いて、すごい人だなと思って、著書を読み始めた。 &#8220 …

ビタミンとIQ

親は我が子に多くのものを望むものだ。 妊娠中は「五体満足、健康に生まれてくれさえすればいい」と謙虚に願っていたのが、ひとたび健康に生まれ育っていくと、「頭のいい子になって欲しい」とか「運動神経のいい子がいいな」とか「男前 …

日光浴、是か非か

もうすぐ海水浴の季節だけど、海のレジャーは楽しみたい、でも日焼けして肌にダメージを受けるのはイヤだ、という人は多いと思う。 植物にとって日光が必須であることに異論のある人はいないだろうが、人についてはどうなのか。 「皮膚 …

ビタミンへの信頼を失わせる方法

ビタミンへの信頼を失わせる方法 「みなさん、『製薬会社関連の政治家、教育者、記者のための世界本部』(WHOPPER)の恒例会議にようこそおいで下さいました。早速本題に入ります。我々のメンバーや提携者の多くは、ヘルスケアの …

ソール先生との話

先月末に東京で行われたオーソモレキュラー世界大会で、僕にとっての楽しみの一つは、ソール先生に会えることだった。 アンドリュー・ソールといえば、栄養療法をやっている人の世界では、知らない人はいないぐらいの大御所。 僕は光栄 …

大友先生のこと

先月、東京でオーソモレキュラー医学の世界大会があって、僕もそれに参加した。 二泊三日もあったけど、内容の濃いスケジュールだった。世界中から著名な医学者が来てて、僕としては興奮しっぱなしだった。 ただ、僕の心に一番グッと来 …

栄養療法はなぜ広まらないのか

クレンナーがビタミンCの大量投与が様々な疾患に有効であることを示したのが1940年代、カウフマンがビタミンB3(ナイアシン)の大量投与で成果を上げたり、シュート兄弟がビタミンEがいかに臨床で有効であるかを示したのが195 …

胃薬と認知症の関係

胃薬にも複数種類があって、そのなかでもPPI(プロトンポンプ阻害薬)というタイプの胃酸抑制薬は、非常によく処方されています。 タケプロン、ネキシウム、パリエット、タケキャブなど、種類もいくつかあります。 2016年2月に …

« 1 26 27 28 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ナカムラクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.