ナカムラクリニック|神戸市中央区(花隈 元町 三宮)|内科・心療内科・精神科

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

シアナマイド

アルコール依存症の激しい飲酒欲求に対して、ナイアシンが著効する。 ホッファー先生の成し遂げた大発見の一つである。 しかし栄養療法の存在を知らず、一般の病院を受診すればどうなるか。 恐らく、抗酒薬の処方を受けることになるだ …

NSAIDs

『NSAIDs誘発性小腸障害におけるミトコンドリア障害』というタイトルの論文をご紹介します。https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3045683/ 要約をざっと訳します …

カーナビ

「東大ね、やめちゃったよ。 上司がね、理三出身の人なんだけど、どうしても合わなくて。 バカな上司が理不尽にわめいているだけならさ、まだ耐えられる。表面上へこへこ取り繕って、内心では見下していればいい。 でも頭のいい奴が、 …

ミオンパシー

今週は東京出張。 ミオンパシーの施術者の方々と話したり、大学時代の同級生と久しぶりに飲んだりした。 ミオンパシーは整体の一種だけど、いわゆるマッサージではない。指圧でギューギュー押してもらうつもりで施術を受けに来れば、イ …

認知症

80代女性 もともと便秘がちで、便通は2,3日に1回ぐらい。あるとき、おなかの痛みがあり、病院に行った。 CTを撮られ、たまたま大腸癌が見付かった。見付かったとなれば、医師としては告知しないわけにはいかない。 大腸癌の存 …

マクロファージ

多細胞生物は単細胞の真核生物から進化したが、最初の多細胞生物は海綿動物などの二胚葉の生物である。 二胚葉というのは皮膚になる外胚葉と腸になる内胚葉のことだから、二胚葉生物というと皮膚と腸管しかないように思われるが、実際に …

自律神経と白血球

NSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬) という痛み止めがある。 痛み、発熱、炎症に対して著効する。誰でも一度は使ったことがあるぐらいメジャーな薬だ。 NSAIDsを使うと、交感神経の緊張状態が引き起こされる。どのような機 …

白血球の自律神経支配

「白血球分画オーダーしてるけど、これ、どういうこと?」 上級医に尋ねられ、言葉につまった。どこから説明すればいいだろう。 とりあえず、ざっくりと答えを返す。 「顆粒球優位かリンパ球優位かが分かれば、交感神経緊張状態か副交 …

ナイアシン

「先生、ナイアシンを飲み始めて2週間ほど経つんですけど、いい感じです。 冬のこの時期、毎年決まって、膝のこのあたりがカサカサになるんですけど、今、それがないんです。特に保湿しているわけでもないのに、潤ってます。 あと、私 …

奇跡のリンゴ

オノ・ヨーコが東京からニューヨークに戻るため、空港のラウンジで飛行機を待っていたときのこと。 備え付けにある本の中からたまたま手に取った本が、リンゴ農家木村秋則氏の半生を綴った『奇跡のリンゴ』(石川拓治著)だった。 読み …

« 1 34 35 36 52 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ナカムラクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.