ナカムラクリニック|神戸市中央区(花隈 元町 三宮)|内科・心療内科・精神科

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

正月

盆と正月には、祖父母と母が眠る須磨寺に行って、坊主にお経を読んでもらう。 きのうも行ってきた。 すばらしい快晴。新年の始まり。そういう日に死者に手を合わせるというのは、しんきくさいかと思いきや、不思議と悪い気はしない。 …

風邪

冬至が過ぎた。つまり、夜の最も長い日は終わり、これからどんどん日が長くなっていく。しかし寒さのピークはまだまだこれからだ。 このズレには、毎年妙な感じがする。日照時間の長短と気温の寒暖が、そのまま直結しているわけではなく …

長野県

統計によると、男性の平均寿命が最も長いのは長野県(79.84歳)、逆に最も短いのは青森県(76.27歳)である(平成17年厚労省調査)。 奇しくも、トップと最下位がいずれも”リンゴ県”となった。 リンゴの消費量は両県とも …

バイオフィルム3

ペータ・コーエン博士の発見について紹介した。 博士の説をおおざっぱにまとめると、 ワクチン接種など→体内に重金属流入→腸内でバイオフィルム形成→慢性感染症→各種神経疾患 という流れで、自閉症を始め様々な病気の背景にバイオ …

バイオフィルム2

質問:バイオフィルムの分解によって子供たちの体内から有害金属が出てきたのはなぜでしょうか? コーエン:こう考えてみてください。これらの有害ミネラルは皆カチオンで、正の電荷を帯びています。EDTAがこれらをキレートできたの …

バイオフィルム1

アメリカではかつて自閉症は数万人に1人という極めてまれな疾患だったが、今や数十人に1人、つまり、学校の1クラスに一人二人いても珍しくないくらいの頻度の疾患になった。 子供は国の未来そのものである。その子供たちに、何か大変 …

腸内細菌移植

腸内細菌と病気の関連について近年ますます多くのことが明らかになっている。 前回、糞便由来の腸内細菌の移植について触れたが、この研究を初めて報告したのは以下の論文である。 『肥満に関連した腸内細菌はエネルギーの吸収能率を増 …

キヌレン酸仮説

統合失調症の発症メカニズムは不明ということになっている。 仮説としては複数あって、ドーパミン仮説やグルタミン酸仮説などが提唱されてきたが、病態を十分に説明するものではない。 最近個人的におもしろいと思っているのは、キヌレ …

焼酎

「酒は百薬の長」という言葉の初出は『漢書』だという。酒の適量摂取が好ましいことは、すでに二千年前に指摘されていたわけだ。 しかしこれに対して真正面から異を唱えたのは、千年前の吉田兼好で、彼は徒然草のなかでこう言っている。 …

納豆

これは血液凝固のカスケードで、医学部の学生なら必ず勉強している。 「血液凝固因子のうち、ビタミンK依存性のものはどれか」みたいな問題が国家試験によく出るので、医学生は皆、「ビタミンK依存性の凝固因子は、肉納豆(Ⅱ、Ⅸ、Ⅶ …

« 1 2 3 4 43 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ナカムラクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.