ナカムラクリニック|神戸市中央区(花隈 元町 三宮)|内科・心療内科・精神科

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

精神病と慢性感染症

急性の感染症については、医学部で一般に教えられていることもあって、診断とか対処は早い。急な発熱とか明らかに異常事態だから、見逃しようがないというのもあるけど。 しかし慢性的な感染症については、総じて見過ごされがちである。 …

学習性無力感

静電気の「バチッ」が怖くて、ドアノブをさわることに躊躇を感じるようになってしまった。 友人の医師と雑談しているときに、静電気に悩んでいることを話したところ、偶然にも彼も同じ症状に悩んだことがあった。しかし、履き物を変える …

すばらしい新世界

森毅先生が「天才は育てるもんやなくて、育つもん」って何かのエッセーに書いてた。なるほど、特別科学学級なんかなくても、勝手に育っていくのが本物の天才かもしれない。 ただ、教育はやっぱり重要だと思うのね。教育を通じて人々を愚 …

特別科学学級

“世界最年少”9歳で大学卒業! 天才児の野望…将来は「人工臓器の開発を目指す」 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191125/dom1911250001-n1.html 日本には飛び級 …

降圧薬

一般の人が「こうあつやく」と聞くと、頭の中で何となく、「高圧薬」という漢字変換が行われて、むしろ血圧が上がりそうな薬をイメージするようだ。正しくは「降圧薬」ね。 もっとも、このイメージはそれほど間違っているわけではなくて …

血管内皮前駆細胞

血管はどのように作られるのか。 成人の場合、当然すでに血管があって、その血管の内皮細胞が遊走・増殖して血管新生(angiogenesis)が起きる、というのが定説だった。 ところが、1997年理研の朝原が成人末梢血中に血 …

ニセ医学情報

僕の言っていることは、一般的ではないことが多いと思う。 普通の病院の普通の医者が言っていることとは、ちょっと違うことを言っている。 どの病気に対してどのビタミンが効くだとか、ワクチンは打つな、とか、そういうことは普通の医 …

ビタミンB1

60歳女性Aが早朝に腹痛を訴えて近医救急外来を受診。対応した当直医は、冷や汗を流す患者の痛がり方が尋常ではないと思った。 CTを撮ったところ、腹腔内に明らかな異常所見があった。Aに詳しく聞くと、盲腸の手術歴があることがわ …

ビタミンDと腸内細菌

B’zに『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』という長いタイトルの曲があるけど、上には上があるもので、BEGINの曲にこういうのがある。 『それでも暮らしは続くから 全てを 今 忘れてしまう為には 全 …

オスの生理2

1962年京大霊長類研究所の杉山幸丸はハヌマンラングールの驚くべき行動を発見した。 ハヌマンラングールは1匹のボス猿が多数のメスを引き連れて、ハーレムを形成する。このボス猿に対して若いオスが挑み、追放に成功すると、新たな …

« 1 2 3 39 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ナカムラクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.