ナカムラクリニック|神戸市中央区(花隈 元町 三宮)|内科・心療内科・精神科

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

ケイ素と不眠症

マグネシウム(あるいはケイ素)の不足によって不眠になっている人がいるとすれば、これを補うことで不眠が治るのではないか。 当然の類推だろう。 しかし、不眠症にマグミットを処方する医師はいない。 やはりポイントは、ケイ素では …

ケイ素とマグネシウム

生体内のミネラルは、大まかには二種類ある。 マクロミネラルとマイクロミネラルだ。 前者は体内に比較的大量に存在する。例としては、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、カリウムなどがある。 後者は少量存在する。その重要性が …

14属元素(Ge Sn Pb)

周期表ではケイ素の下に、ゲルマニウムがある。 ゲルマニウムについては以前のブログで何度も紹介したが、これも健康のためにオススメしたい元素だ。 化学的にケイ素とゲルマニウムがくっついたシリコン-ゲルマニウム合金は、IC(集 …

14属元素(C Si)

化学の授業で、周期表を見たことがあるだろう。 14属元素に注目すると、炭素、ケイ素、ゲルマニウム、スズ、鉛、と続く。 同族元素は最外殻電子の数が同じで、化学的性質が似通っている、と学校で習う。 炭素は有機化学の花形で、水 …

タバコ4

「無理して禁煙しようとしないでください」とShkreli氏は呼びかける。 「ケイ素を意識的に摂り始めれば、自然と吸いたくなくなってきます。『いつのまにかタバコをやめていた』そういう禁煙が可能です。 私もそんなふうにやめれ …

タバコ3

古代インドの神話。 人間が悪に堕落したことを危惧して、自然界(動物界、植物界、鉱物界)の神々が会合の場を持った。 動物界を代表して、クマが言った。「世界から悪をできるだけ減らそう。そのためには、悪の根源である人間の寿命を …

タバコ2

嫌煙の風潮がますます強まり、喫煙者は肩身が狭い受難の時代である。 「世間の圧力に負けてなるものか。なに、タバコ税の分だけ、国の税収に貢献していいるぐらいなんだ。堂々と胸張って吸うぞ」と強がる愛煙家も、 「勝手にタバコを吸 …

タバコ1

職場の同僚が「ニコチン補給してくるわ」といって、タバコを吸いに外へ出る。 そう、同僚のこんな口癖に見られるように、タバコに対する依存性は、ニコチンが引き起こしている、ということになっている。 それは医療関係者でなくても、 …

有機ゲルマニウムと肌

浅井ゲルマニウム研究所の中村宜司さんから、中村さんの研究チームが学会誌に論文を提出しその論文がアクセプトされた、との報告を頂いた。 できたてホヤホヤ、と言ってもいいくらいに新しい論文だ。 その要約を紹介しよう。 『有機ゲ …

潰瘍性大腸炎とCBDオイル

40代男性。潰瘍性大腸炎の診断を受けている。 「トイレにずっとこもりきりで、仕事になりません。 便意を感じて一度トイレに行ったら、1時間は出られない。いや、本当を言うと、1時間でも自分には大きな妥協です。 許されるならも …

« 1 2 3 35 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ナカムラクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.