ナカムラクリニック|神戸市中央区(花隈 元町 三宮)|内科・心療内科・精神科

院長ブログ

  • HOME »
  • 院長ブログ

講演会

今日も浜学園で講演会をしてきました。 内容は前回とほぼ同じで、『栄養と知能』がテーマ。 平日の昼に行われるだけあって、聴きに集まったのはほとんどが生徒のお母さんだ。 『僕らの体は、食べたものからできている』 これが講演の …

認知症

よかれと思って摂るビタミンが、好ましくない影響を与えることがある。 たとえばビタミンB12、葉酸、ビタミンB6は、摂り方に気をつけよう。 B12をシアノコバラミンで、葉酸をfolic acid(メチルテトラヒドロ葉酸)で …

マッスル北村

自分への厳しさは、他人への優しさと比例するのかもしれない。 動画サイトにあがっているマッスル北村と島田紳助のトークを見ていて、そう思った。 彼、こんなことを言っていた。 「昔から負けず嫌いだった。腕立てが千回できることを …

有機ゲルマニウムと癌

以前有機ゲルマニウム(Ge-132)について、癌に対する有効性は細胞レベルや動物実験では示されているが、人での有効性のエビデンスは乏しい、みたいなことを書いた。 しかしその後、”Germanium: The …

勉強

縁あって、小学生向けの進学塾にときどき出向く。 本棚に備え付けの算数の参考書があるから、手にとってぱらぱらとめくってみる。 難関中学の入試問題が並んでいる。 おもしろそうだ。ひとつ、時間潰しに解いてみるか。 下の問題、簡 …

ライナス・ポーリング2

こんな具合に、ポーリングは化学のフロンティアを切り開く重要論文を量産した。 彼が授与されたノーベル賞は化学賞と平和賞の二つだが、平和賞が医学生理学賞であっても、また、二個目の化学賞であっても何ら不思議はなかった。それぐら …

ライナス・ポーリング1

高校で化学を選択した人なら、ポーリングの電気陰性度、というのを習ったはずだ。 高校生が習う基礎化学にさえその名前が登場するくらいだから、彼の業績の偉大さがわかるだろう。 ポーリングは極めて明晰な頭脳の持ち主だったが、それ …

製薬会社

サバンナの動物を取り上げたテレビ番組で、捕食の場面をライオンの立場で見るのかガゼルの立場で見るのかで、視聴者の印象はまったく違うものになる。 何日も食べ物にありつけず、段々やせ細ってきたライオンの姿をカメラが追う。ようや …

研修医

研修医は何でもやらされる。 内科志望と決めていても、外科はもちろん、麻酔科、救急、地域医療など、将来的に無関係の科も研修で回ることになる。 今思えば、これはけっこうよかった。 他科の雰囲気に触れる最後の機会じゃないかな。 …

ビタミンA

ビタミンAに対する恐怖心は煽られすぎている。高用量どころか、一日推奨量(男性3000IU、女性2300IU(妊婦4300IU))でさえ、危険だという人がいる。 こんな主張にエビデンスはまったくない。一日推奨量の2倍量を摂 …

1 2 3 28 »

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © ナカムラクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.