どこかのページ内容を丸ごとごっそり頂くというのは、何だか能がないような気がして、引用するにしても一部にとどめる、みたいな気遣いを一応するようにしてるんだけど、、
名スピーチだ。
今後の日本の問題点が、簡潔にまとまっている。
僕が何か足したり引いたりしては蛇足以外の何でもないと思う。
で、そういうページは、自分のところに引用するんじゃなくて、リンクを張っておけば事足りるようなもんなんだけど、それでも、何か自分が一枚噛みたい、この名スピーチに直接コメントしたい、そういう思いで、ごそっと引用させてもらいます。

2016年12月2日参議院TPP特別参考人質疑

参考人:西尾正道
「かつて自民党は、ウソはつかない!TPP断固反対と言っていました。稲田防衛大臣はかつて、TPPのバスの終着駅は日本文明の墓場だ!という発言をしてるんですけれども、コロッと個人がウソをつくとかいうレベルではなく党としてウソをついてる!180度態度を変えちゃう。
国民は一体誰に投票したらいいんですか!これはウソとしか言いようがない。恥ずかしくないんですか!このように息を吐くようにウソをつかれたら、国民はやってられません」

「そもそも6千ページにも渡る内容を、みなさん読んでるんですか?情報出して下さいといっても海苔弁当の段階です。赤信号みんなで渡れば怖くないと言って、みなさん賛成しようとしているわけです。
冗談じゃない!
条文をまともにチェックもしてないわけですから、実際には赤信号も見ないで渡ろうとしているんだ。TPPってのは基本的には、『昔戦争、今TPP』です。
昔は戦争を仕掛けて国益を取りました。ところが公然と核兵器を持つ時代になったら、お互い面と向かって戦争は出来ない。地域紛争はもちろん起こりますけども、国家として国同士がぶつかり合えないですから、国益を取る、むしろグローバル企業ですけれども、国を動かしているグローバル企業の利益を取るために、貿易上の仕組みを変えて利益を取ろうってのがまさにTPPなんです。これがTPPの本質です」

「米国の医療はとんでもなく高い。日本のGDPの20%以上占めてますし、日本の7倍の医療費が使われてる。TPPに入るということは、アメリカナイズされた医療になるということです。
もうお互いに助け合うとかですね、共に生きる何ていう発想はないんです。医療も完全に金儲けの道具になるということです。
米国のロビー活動費見たら、何がターゲットですか?農業とかそういうものじゃないです。最大のターゲットは保険も含めた医療業界なんです。
2013年の3月4日付けのタイムスに28ページに渡る、米国医療の驚愕・医療ビジネスという特集号が出てました。まさにその中から取った記事であります。こういうことによって日本の医療はかなり大幅に変わると思います。
ちなみに米韓FTAが2012年に締結されましたけど、韓国の医療費は2年間で2倍になりました。日本は韓国の医療規模の4倍ほどありますから、恐らく膨大にお金が飛び上がる。今オプシーボで、半額にしようなんて議論やってますが、そんな話じゃ全然なくなります。本当に深刻です」

「1985年以来、とにかく日本の医療市場を解放するように、アメリカはずっと働きかけてきました。最近では新薬創出加算のようなものを作ったりして、一様に製薬会社が有利な形で日本市場に参入してきました。
しかしTPPがまさにですね、米国の日本の医療産業の解放を行う最後の仕上げがTPPだと考えております。ちなみに米国業界と保険業界の標的は日本市場であるということは、全国保険団体連合会の寺尾さんの論文からサマリーを取ったものです」

「私が医者になった頃は、一ヶ月の抗癌剤は数千円でした。90年代になって数万円になりました。21世紀になって数十万円になりました。
そして3年前の免疫チェックポイント阻害剤が出たら数百万になりました。桁三つ違ってますけども、TPPが締結されればどうなるか?アメリカの製薬会社の殆ど言いなりの値段になりかねない。
中医協ではチェック出来ません。中医協のやってる事が透明性を欠くとISD条項で訴えられたらできませんので、かなり製薬会社の意向を汲んだ価格になる。ダントツで日本の医療費は飛び抜けます。
最終的にはですね、皆保険も実質的に崩壊するというふうに考えております」

「このままでは日本の医療は崩壊し、日本人の健康は守られません。新技術が保険診療にできない事態が考えられますし、外科手術の術式にさえ、特許料を取るというような事態になります。
医療費も高くなるので、国民はみんな医療保険に入らざるを得ない社会にもなりかねない。TPPの本質とはグローバル企業が一般国民を犠牲にした金儲けでございまして、自由貿易は善であるという前提なんですけど、国の状況とかですね、経済格差を考えてやるべきであって、これ自体良いかどうかは話が別ですね。産業革命以来、富の源泉ってのは労働力でした。今はロボットも使える、そしたら何が富の源泉かっていったら科学技術なんです。
科学技術の負の側面は隠蔽するということになりますし、そういうことが金儲けになっちゃうと、とんでもない格差が出来ます。それをどういうふうに再配分するかっていうのが本当の意味での政治家の仕事だと思います。
そういうことをやらないで、企業がどんどん儲る世界に誘導していくってのはとんでもないことだと思います」

「一人の人間として、共に生きる社会をどう作るかっていうことを本当に真剣に考えて頂きたい。生命を脅かすTPPの2つの大きな問題がございます。医療問題を言いました。もう一つは健康問題です。
例えばこの40年間、ホルモン異常性の癌、女性は、僕が医者になった頃、乳癌1万5千人でした。今9万人です。前立腺癌もほとんどいなかったけど、今9万人で、男性の罹患者数のトップになりました。卵巣癌もどんどん増えてる、子宮体癌も増えてる。ホルモン依存性の癌が5倍になってるんですよ。
この40年間でアメリカの牛肉消費量は5倍になりました。まさにエストロゲン入りのエサを与えて1割生産性を高めて、そういう肉を食べている日本人もアメリカ人も5倍になってるんです、ホルモン依存性の癌が。
それから耐性菌もそうですね。豚や鶏には抗生物質入りのエサを与えて生産を高めてる。そのため人間が肺炎になっても薬がなかなか効かないという問題もあります。
それから残留農薬が世界一緩和されてる。とんでもない話だ。今一番使われてるネオニコチノイド系の農薬が自閉症の原因であることがつきとめられてます。WHOでは発癌にも影響しているとBランクにランキングされました。このままいくとアメリカの子供の二人に一人が自閉症になるよという論文が、去年ハーバード大学から出ました。本当にこういうことが深刻なんですね」

「遺伝子組換えを日本人が一番食べてる。アメリカにとって、大豆やトウモロコシは単なる家畜のエサです。ところが日本人は納豆で大豆食べます。味噌や醤油の原材料です。一番食生活で、遺伝子組み換えの影響を受けるのは日本人の食生活なんです。こういうことが全くチェックされないで、世界一遺伝子組み換え食品が普及してる。日本人の健康そのものが保てません。
癌の患者が増えてるのは高齢者だけじゃないです。食生活を含めて増えてるし、更にもっと深刻なのは、昔60代で癌になってたのが今は40代はざらです。約20年間若年化して癌になってます。これが現実です、僕の実感として。
自分達の国で農薬を規制したり、遺伝子組み換えを表示したりすることが、TPPに入った場合にできなくなっちゃうんです。日本の決まりよりもTPPの決まりの方が上位にあるわけです。こういう現実を冷静に考えて頂きたい」

「最近では遺伝子組み換えで鮭も5倍位になってますよね。これも規制しなくていいの?ってことです。本当に何があるか分かりませんよ。
子宮頸癌ワクチンだって、今まで不活化ワクチンか弱毒化ワクチンで作ってたんです。だから大きな問題起きなかった。子宮頸癌ワクチンは遺伝子組み換えで作ってるんです。更に効果を高めるために、アルミニウムのようなアジュバントを加えて作ってるから、ああいう予期しない問題が起こっちゃうわけです。もう少し冷静に命を重視する。お金よりも命を大事にするっていう発想に切り替えるべきだと思います。
最後に、大変深刻なのは今福島から出ている放射性物質、これは微粒子として浮遊してます。残念ながら。そういうものと化学物質が人間の身体に入った場合、相乗的に発癌するということが動物実験で分かってます。こういう多重複合汚染の社会になってきて、恐らく二人に一人が癌になるといわれてますけれども、多分2〜30年経ったら三人のうち二人は癌になります。本当に癌がどんどん増える社会になります。自分達の国でキチッと法律で規制できるような体制を作るためには、決してTPPに加入すべきではないと思っております」
西尾正道(北海道がんセンター名誉院長、北海道医薬専門学校学校長)  参考人2006年12月2日参院・TPP特別委員会

そこらの一般人の与太話ではない。
それ相応の地位のある人が、批判されること覚悟で堂々と公の場で述べたんだ。
2年前の発言だけど、状況は彼の危惧したとおりに進んでいる。

要するに、日本は敗戦国で、いまだに延々宗主国に搾取され続けている、ということなんだね。
見せかけだけは独立国ということになっているけど、実は全然そうじゃない。
日本の政治家は、アメリカ様の要求の前に、ノーと言えない。
頭を垂れて国の金を、国民の健康を、差し出す。
「アメリカ産牛肉はやばい」「遺伝子組み換え食品は危険」「ワクチンは有害無益」
みんな科学的に明らかになっている。省庁の責任者や学会のトップは、そんなこと、百も承知だ。
でも、止められない。
現場で心を痛めている官僚や医者はいると思う。(そう信じたい)
でも、止められない。
結局政治なんだよ。そしてこの国の政治は、決して国民の利益を代弁してくれやしないんだ。

だとしたらどうするか?
自分で知識を仕入れて、自分の身は自分で守るしかない。
スーパーに普通にアメリカ産牛肉が売っている。でも買わない。
遺伝子組み換え食品が身近にあふれている。でも食わない。
ワクチンを打つように役所から通知が届く。でも打たない。
「お上が言ってるから、きっと大丈夫だろう」はもう通じる時代じゃない。
なんて悲しいことだろう。
でも、それが、現実なんだ。