アスペルギルス・テレウスの産生するカビ毒territremsは、実験動物に振戦を起こす(振戦とは、手足などの不随意運動のこと)。
それだけの現象ではあるけれど、ここから様々な仮説を立てることができる。
「territremsで起こる振戦は、たとえば癌の化学療法を受けた患者に見られる振戦と違う機序によるものか。それとも同じか」
「多発性硬化症やパーキンソン病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)に見られる振戦はどうなのか?あるいはそもそも、これらの疾患は神経疾患というよりは、真菌中毒症によるものではないか」
「これらの疾患には遺伝性があるとされているが、本当か?あるとしても、それは結局、カビ毒に対する免疫能の強弱、という可能性は?」

研究を進めるうちにわかってきたことは、territremsが酵素アセチルコリンエステラーゼ(AchE)に不可逆に結合する、ということである。
AchEの作用は、その名の通り、アセチルコリン(興奮性神経伝達物質)を分解することである。
つまり、territremsがこの酵素の働きを阻害することで、アセチルコリンが分解されないままシナプスに増加し、副交感神経の過剰興奮が起こる。
可逆性のAChE阻害は薬にしばしば利用されていて、ドネペジル(認知症)、クロルプロマジン(統合失調症)などもこの類である。
しかし不可逆性のAChE阻害となれば、その用途は兵器か殺虫剤、いずれかである。サリン、タブン、ソマン、VXガスなどの毒ガスはすべて、このカテゴリーに属する。

こういうことは、医学部で教わらない。
癌になって化学療法を受けて手足の振戦が出現したとして、主治医に「これは治療薬のなかに含まれる毒素がリダクターゼをブロックしているせいでしょうか。それとも、何らかの別の酵素をブロックしているのでしょうか」などと聞いてはいけない。
たとえば医者は学生時代にペニシリン(カビ毒)の作用機序として、「細菌の細胞壁合成を阻害する」と習う。細菌には細胞壁があり、ヒト細胞には細胞壁がない。従って、ペニシリンは細菌には有害だがヒトには無害なのだ、と。
本当?
ではなぜ、ペニシリンの静注で突然死する人がいるのか?製薬会社はこれを「アレルギー」と説明している。
しかし亡くなった人を死後解剖すると、大量の溶血(赤血球の破壊)が起こっている。これは、アレルギーというよりは、カビ毒の作用そのものである。

ペニシリンが細胞壁に作用しているのではないのなら、一体何に作用しているのか?医学部の授業で習わない、本当の作用機序は?
これについて話すには、少々の回り道が必要である。つまり、ライフ(Royal Raymond Rife 1888~1971)の業績に触れないわけにはいかない。

1920年代にライフはユニバーサル顕微鏡(the Universal Microscope)を発明したが、これは現在の電子顕微鏡に比肩するほど高性能だった。
あらゆるタイプの光(偏光、白色光、暗視野、赤外線)を使えることはもちろん、さらにすごいのは、微生物を生きたまま拡大できることである。
電子顕微鏡においては、標本は冷凍し、薄くカットされてプレパラートが作られる。つまり、死んだ標本しか観察することができない。
しかしライフは微生物を生きたまま観察できたのである。彼は、微生物が様々に形態を変えることに気付き、また癌細胞の観察によって、癌細胞の内部に微小な有機物が存在することにも気付いた。
さらに彼は、共鳴周波数音波(resonance frequency sound waves)を用いて微小な”癌ウイルス”を殺す方法を開発した。彼はこうしたすべてをビデオに記録した。

音波で癌細胞を殺す、とは突拍子もない発想に思えるが、なんと、超音波を使った癌治療はすでに有効性が確認されている。
『癌治療のための低出力超音波〜レビュー』
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4362523/
これは2015年の論文(レビュー)である。レビューが出るということは、少なくともその数年前から各所で音波を使った癌治療が行われていたということだ。
ライフが音波による癌細胞破壊効果を確認したのは1920年代から30年代にかけてのことだから、現代医学はライフの発見から90年を経て、彼の正しさをようやく証明した格好である。
このレビューによると、音波による癌治療と一口に言っても、ソノダイナミック療法、超音波介在化学療法、超音波介在遺伝子送達、抗血管新生超音波療法など、いくつかのタイプがある。
ただ共通するのは、どれも超音波による熱作用と慣性キャビテーション(空洞現象)による生体効果であり、かつ、どれも癌細胞を死滅させることに成功したことである。

すべての物体にはその物体固有の振動数がある、というのは物理学で認められているところである。だとすれば、癌細胞には癌細胞固有の振動数が、正常細胞には正常細胞固有の振動数があるはずで、その違いを利用すれば、癌細胞に対してだけ選択的に作用する治療が可能だということである。

うろ覚えだけど、昔ナイトスクープで、歌手が声でワイングラスを割るのを見たことがある。声という単なる空気の振動で、ワイングラスという、れっきとした個体を本当に壊せるというのは、なかなか衝撃的だった。
音波にそれだけの実際的な力があるのなら、癌細胞くらい破壊できても不思議はないようにも思える。

ライフの評判を聞きつけた医師らが、彼のもとに難治患者(合計17人)を紹介したが、その17人全員が完治したことで、ライフの名声はさらに高まった。
1931年11月20日、カリフォルニア在住の医師ミルバンク・ジョンソンの邸宅にて、「すべての病気の終焉」(The End of All Disease)を記念して祝宴が開かれた。ライフの功績を讃えるために、44人の医師が参加した。
しかし彼の栄光はここまでだった。
ロックフェラーが、いよいよ本気で彼を潰しにかかった。アメリカ医師会および州当局はライフに対して医学的根拠のない治療を即刻停止するよう警告してきたが、話が噛み合わないため、当局は実力行使に出た。
ライフの研究資料を没収し、顕微鏡の提出を拒否したことから医師免許を没収した。
数年のうちにライフは破産し、彼の顕微鏡は破壊され、ニュージャージーにあった研究施設は焼き払われた。
ライフの顕微鏡はだいたい6000個の部品からできていたというが、今日に至るまで、その一部品たりとも見つかっていない。ただ、彼の音波マシンが3台だけ残っているが、これだけでは意味がない。というのは、ライフの顕微鏡(the Universal Microscope)で生きた微生物を確認しながらこの音波マシンを使ってこそ、初めて有効に使えるからである。

ん百年前の話とかではないですよ。20世紀前半の、民主主義国家のアメリカで、医学史に燦然と輝くべき偉大な研究業績が徹底的に潰され、完全に抹消された。個人の所有物(研究資料、顕微鏡など)を破壊し、研究施設を焼き払ってまで。こんなに野蛮なことが、本当に行われたんだよ。
ロックフェラーはライフを殺さなかった。失意のどん底に陥ったライフはアルコールに耽るようになり、二度と研究に打ち込むことはなかった。一科学者をあっさり殺してしまうよりは、自分に楯突いたこの反逆者に惨めな晩年を送らせるほうが、周囲への見せしめになると彼らは考えた。
ね、ロックフェラーを敵に回すと怖いでしょう?( ´Д`)

参考
“Proof for the cancer-fungus connection”(James Yoseph著)