そもそも、コレステロールの値が高いと何が悪いのか。
一般的には「動脈硬化の原因になるから」というのが理由になっている。
だから高いコレステロール値を見れば、医者は薬を処方して、躍起になって下げようとする。
もはや現代においてコレステロールは、それ自体、追放されるべき悪者、治療されるべき病気なのだ。
しかし、重大な事実が見落とされている。
コレステロールが原因で動脈硬化が起こったことは、有史以来、ひとつの例もないし、今後もあり得ない。
なるほど、コレステロールが高いことは動脈硬化(およびその延長にある心筋梗塞や脳梗塞)の発症に関連するリスク因子ではある。
しかしそれだけのことだ。
それだけのことであるはずが、いつの間にか相関関係と因果関係が混同されてしまった。
いまや、あたかもコレステロールにすべての非がある、といった状況に至った。
まったくナンセンスな事態である。コレステロールのせいで動脈硬化になる、というのは、消防士がいるから火事が起こる、といっているようなものだ。
確かに、ある種の血中脂質増加と動脈硬化(および心筋梗塞)の発症率増加との間には弱い相関があるが、だからといって、その血中脂質が問題の張本人というわけではない。
体内で脂質がどのように働いているかを考えてみるといい。
皮膚で太陽照射を受けてビタミンDに変換されるなど、コレステロールはれっきとした抗炎症物質なんだ。

コレステロールは不当な批判を浴びている。では何が真の原因なのか。
現代人が好んで過食する砂糖や精製小麦。これこそが問題の根本だ。
これらの糖質は体内で炎症を引き起こす。体はその炎症を何とか鎮静化しようとして、コレステロールの血中濃度を上げる。
しかし、絶えざる糖質の流入に対して、コレステロールの増産で対処できなくなったとき、古いコレステロールが動脈に沈着しはじめる。これが動脈硬化の始まりだ。

勘違いしてはいけない。コレステロールは何も悪くない。炎症を鎮めようとしてわざわざ出張ってきたのだ。
火消しにやってきた消防士が、放火の犯人だとして批判されている。こんなデタラメな話はないだろう。
しかしこんなデタラメに基づいて、大真面目に「治療」が行われるのが現代医療だ。
根本的なところで考え方を誤っているのだから、患者にメリットのあろうはずがない。

俗に善玉コレステロール(HDL)、悪玉コレステロール(LDL)などというが、善玉、悪玉という別種のコレステロールが存在するわけではない。
コレステロールはコレステロールで、一種類しかないが、血中の移動様式が異なるだけだ。
軽自動車に乗っていようが高級外車に乗っていようが、あなたはあなたでしょう?それと同じことだ。
HDL(高密度リポタンパク)はコレステロールの回収屋で、体内の各組織にあるコレステロールを肝臓へと運ぶ。
HDLの血中濃度が高いのは好ましいことで、動脈硬化の発症を防いでくれる。
LDL(低密度リポタンパク)は逆に、肝臓から全身にコレステロールを輸送する運び屋だ。
これは「悪玉コレステロール」と言われているが、LDLが本当に「悪玉」、つまり体に害をなすのは、LDLが酸化したときだ。
HDLをクリーンな電気自動車だとすると、酸化LDLは散々排ガスをまき散らす燃費の悪いディーゼル車のようなものだ。

血中脂質を調べることは、動脈硬化の進展具合を見るのに役に立つ。
ただ、総コレステロール(HDLとLDLの合計)は計っても意味がない。
100台車を持つのは悪いことか?それ自体では何とも言えない。
100台全部が能率的なクリーンな車なのか、錆びついたおんぼろの車なのかで、全然話が違ってくるだろう。
HDLの数値が高いことは好ましいことだ。この数字は、高ければ高いほどいい。
逆に、LDLが高いときには、さらに精査して、リポタンパク(a)を調べるといい。
LDLの酸化の度合いを知ることができる。
このリポタンパク(a)濃度が30mg/dl以上になると、動脈硬化を背景とする合併症(心筋梗塞、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症)の発症率が激増する。
おもしろいことに、高脂肪食を食べた後には、この濃度が低下することがわかっている。
動脈硬化は血管にアブラがつまっているんじゃない、ということが、この一事からでもわかるだろう。

コレステロールの値をまったく無視するのも、それはそれで問題だ。
LDLが非常に高い原因は、体が大量のコレステロールを産生する必要に迫られているか、コレステロールの利用効率が落ちているか、あるいはその両方だ。
これには何らかの対応が必要だが、薬を飲んで万事解決、とはならない。
スタチン製剤は肝臓のコレステロール産生を止めるが、これは火が燃え盛っているのに消防士を帰らせるようなもので、何の根本的解決にもなっていない。

人為的に下げるのではなく、自然に下がるようにする。
これが正解だ。
そのためには、コレステロール上昇の背景(インスリン抵抗性、炎症、酸化ストレスなど)に取り組むことだ。
過剰な精製糖質の摂取を控え、ビタミンK2、D3といった脂溶性ビタミンや、ビタミンC、ナイアシンなどの水溶性ビタミンを意識的に摂ることで、症状改善の助けになるだろう。

参考
Vitamin K2 and the Calcium Paradox(Kate Bleue著)