梅田に行ったんだけど、クリスマスということでいつにも増して混雑していた。
やはり、カップルがすごく多かったな。
クリスマスだから恋人と過ごさなきゃ、っていう、あの強迫観念めいたあせりは何だろう。
じいちゃんばあちゃんに聞いてみればわかるけど、僕らの祖父母世代にクリスマスを祝う習慣なんてなかった。
サンタクロースが屋根裏とか煙突から住居に侵入し、枕元に物品を不法投棄していくなんていう下品な言い伝えは、そもそも存在しなかったわけ。
電通かどこだかの広告戦略が見事に奏功して、クリスマスというイベントは日本人の風習に見事に食い込んだ。
まったく、日本全体が広告会社の宣伝にまんまと踊らされている。
酔狂の極みだな。

、、、というのが理性の言葉。
感情的には、うらやましいなぁ^^;
世間の雰囲気として、「恋人と過ごす日」というのが設定されているようなもので、そこに乗り遅れた自分としては、何だか負け組的な感情を禁じ得ないのよ。
家庭があれば、雰囲気に乗っかって、ケーキなりチキンなり食べて、家族でワイワイするのも楽しいだろうな。
眠る子供の枕元に、欲しがっていたおもちゃをそっと置いてやるのは、親としてもきっと楽しいことだろう。
そういう感情を思えば、クリスマスというイベントは、「広告戦略に踊らされている」、なんていう陰謀論めいた話よりも、「お祭り好きの日本人の感性にフィットしている」「何かにかこつけて楽しみたい」っていう、単純にそれだけのことのような気もする。

さて今年のイブの聖夜は、恋人なんてクソ喰らえとばかりに、野郎だけで過ごしました笑
いつもは東京の病院に勤務する大学時代の友人が、一時的に地元に帰っているということで、久しぶりに会った。
SNSとかメールで連絡は取り合ってたものの、実際に会うのは5年ぶりだった。

「大学病院で形成外科医として働いている。
君も知っているだろうが、大学病院の給料はひどい。しかも勤務時間は長い。時給に換算したら、千数百円っていうレベルだと思う。
そもそも大学病院の存在意義は、臨床、研究、教育だ。
自分の好きな研究やりつつ、ときどき学生や後輩の教育なんかもしつつ、片手間に臨床もやる、ぐらいの感じだから、臨床一本でガチでやっている市中病院より給料が低いのは、まぁ当然といえば当然なんだ。
俺も形成外科で『修行させてもらっている』ぐらいの意識だからね。実際、いろんなことを勉強させてもらっている。
だいたい、形成というのは隙間産業のようなところがあって、メジャー外科やマイナー外科のあいだを埋める立ち位置だ。
乳癌術後の乳房再建術とか、外科のフォローをすることもあれば、眼瞼下垂のように、眼科だか美容だか微妙なものもある。実質、保険のきく二重まぶた形成術のようなものだけど。
さらに、皮膚癌の除去術のように、皮膚科的なこともするし、骨切り伴う顎関節の矯正術なんていう、歯科だか整形だか微妙な領域のオペも手がける。自分がまさか、歯学部出身の歯医者さんと一緒に仕事をするとは思わなかったな。
そう、本当に様々な分野の人と手術ができて、いろんなことが勉強できる。だから、お金もらいながら勉強させてもらっているようなものだから、大学病院の給料が低いのは仕方ない。
でも、『仕方ない』で片付けては、生活できない。だから、当然バイトをしている。バイトのおかげで何とか生活が回っている感じだ。
今後の方針?
未定だけど、大学病院で骨を埋める気はないよ。
今のところ、手広く形成全般の勉強をしているが、一つの専門分野にしぼって、その道での大家を目指す、という生き方もあるだろうし、美容外科医として、一般のクリニックに就職という道もある。
たとえば性同一性障害に悩む人のために、陰茎形成術や造膣術というのがあるんだけど、この分野でトップを目指すなら、岡山大学で修行するのがいい」
え、チンチンとかマンマンって、作れるの?
「もちろん、作れる。
陰茎は、腕の皮膚を顕微鏡下で生きたまま移植する。陰核の神経とつなげば、性感を得ることも可能だ。
造膣術はいろいろな方法があるが、今の主流はラパロでS状結腸を使った膣形成だ」
そんなことができるのかぁ。ブラックジャックの世界やね。
「そう、ブラックジャック。俺が外科に行ったのも、そもそも医者になったのも、あの漫画の影響が大きいよ。
医学部受験の面接のときにも、医学部への志望理由を聞かれて、ブラックジャックに憧れたから、って答えたからね。
ところで君、開業したそうじゃないか。
これ、俺からの、ちょっとしたクリスマスプレゼントだ」

何これ?
「シーランド公国の爵位だ。今日から君は貴族だよ。Lord(卿)の称号を君に贈る」
何か変な宗教?笑
「いや、シーランド公国は実在する人工島だ。宗教とかじゃない。
ただ爵位どうのこうのっていうのは、まぁギャグだよ。クリニックの壁にでも飾ってくれ」

形成外科医としての技術を着々と高めながらも、ギャグセンスとか昔の彼のままで、楽しいクリスマス飲み会だった。
しかし、、、
シーランド公国の爵位とか、明治天皇の肖像とか、クリニックの雰囲気がどんどん異様になっていく笑
まともなものプレゼントしてくれる同級生がいないっていう^^;